色素沈着 レーザー

色素沈着 レーザー治療は効果あるの?

色素沈着を消すためにレーザー治療を行う。
これが最近話題になっています。

 

しかし、レーザー治療をしたために、
逆に色素沈着が悪化してしまったという事例もあります。
果たしてレーザー治療はどのくらい効果があるのか?
どうして色素沈着が悪化してしまったのか?
ということについて紹介をしていきたいと思います。

 

 

レーザー治療の有効性

 

基本的なレーザー治療と言うのは、
皮膚の中にあるメラニンを排出させることで色素沈着を治すという方法です。

 

実際にこのレーザー治療で、
色素沈着が消えたと言う人も結構いるので効果は実証されています。
また、肌のシミやくすみなどにも有効だと言われています。

 

これだけ聞くと、レーザー治療はかなり有効なように聞こえますが、
どうして逆に色素沈着が増えてしまうような事例があるのでしょうか。

 

 

根本的な色素沈着の原因を改善しなければ効果はない?

 

色素沈着と言うのは肌の中でメラニンが生成されることで、
それがシミの様に残ってしまうような状態です。

 

今すでに肌の中にある色素が消えたとしても、
またすぐにメラニンの生成されることで、
同じ箇所が色素沈着してしまいます。

 

そもそもの色素沈着の根本的な原因を改善することを意識したほうが良いと思います。

 

 

刺激には要注意

 

レーザー治療と言うのは、少なからず肌に刺激を与えてしまうため、
その刺激によってさらにメラニンが生成されてしまうこともあります。
これがレーザー治療の副作用とも言えるもので、
肌質によってはレーザー治療によって逆に色素沈着がひどくなってしまうケースもあります。

 

ですから、レーザー治療の有効性を例え理解していたとしても、
必ずメラニン生成の根本的な原因と言う物を解決することを忘れないようにしてください。

 

それを理解した上で今肌に残っているシミやくすみを、
消してしまうと言う目的であれば、確かに有効かもしれません。

 

自分自身の目的に合わせてレーザー治療を行うのか、
それとも別の方法で色素沈着の治療をするのかをしっかりと判断することが重要です。